忍者ブログ

[PR]

2017年10月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そういや昨日は。

2009年09月15日
セプテンバーバレンタインと呼ばれる日だという人が何人いるか。

外国の習慣のひとつで、まだ男性の権利が重視されていた頃。

女性から男性を振ることが出来る日のひとつでした。

ちなみに前置き設定は作り話です←

そんな感じかな~。くらいのノリでw


まあいえ。元カノの誕生日だったんですよ。

毎年空を撮ってプリントして、それを破り棄てることが習慣だったわけですが。

今年からそれもないわけです。一抹の寂しさも覚えます。

そして今年から岩見沢では祭りです。

もう嫌がらせじゃね?

ということで学校と塾行ってきます。

PR

今宵。

2009年08月18日
夜だね。

今はボーダー。rienとhiroの。

俺が死に興味が芽生えたのは小5のときかな。

クラスでのネタのノリについてけなくて、疎外された。

最も、被害妄想だろうが。

あとは、マンションの子。

年下で仲の良い子だったんだけど、色々と言われて。


後者は結局その子本人のせいではなかった。

身近な人が俺と同類だった。最も近い人、即ち。

そこから少しかな。だがそれは一年で封じられた。

次はリストカッターになって。

同時期に幼なじみが死んでんだ。

同じ死に、興味が沸いた。



だが俺が思う生死観についてだ。


生は現実だ。ただそれだけでしかない。

生き続ける理由は人それぞれだろうが、俺の経験上、倫理観と快感を求めるだけだ。


もう一方の死。

知らない世界だが、たぶん恐ろしくつまらないか、苦しいか、快楽か、何も感じない世界かな。

これは知らなすぎるから何とも言えん。倫理観上の悪と善の終わりだ。

俺は死ぬとしても、まだ延期してもいい理由なんだ。

忘れ去られて死ぬ。痛い願望だけどさ、傷つくって言う人がいるから、少しくらい減らしたほうがいいじゃん。


末期的なら知られた死でもいいけど。

まだいいんだ。生の中の快楽を知ってもみたい。

また死への畏怖も失せない。

死の巻属への畏怖は減ったが。


まだ間に合うだろう。

自分のために生きるから意味を失う。


錯覚すればいい。

快楽とは錯覚の極地だ。



少し。

2009年08月17日
 過去のことをさらっと。


自傷行為もといリストカッターを始めたのは2年前。


元カノがね、たぶん原因。


元カノは直接じゃないんだけど。


元はアレなんだ。隣のクラスの男が俺の元カノに変なことを言ったんだ。


そしたら元カノ、それを信じちゃって、少しずつ傷つかないように距離を離された。


それから後の方はもう猛攻撃だねw 時々睨んで、何かなと思えば、


次の日に昔使ってた交換ノート入れられてて。


内容はまあお察しください。焼印の如くの内容でしたね。当時の俺には。


その当時、攻撃や刃物に興味があったんですね。これは距離を離されてるのに気づく前から。


そしたらうん。ハマっちまってww


そこからかな。


あとは2年の時は、先輩に色々言われた被害妄想になったり、音沙汰なしだった元カノが再攻撃


してきたりとかww


部活の人使ったりしてね。同じ班のやつもいて、そこそこ仲良くなったつもりで居たから


少し酷かった。これは夏休みかな。


ちょっと時系列ずれるけど、夏休み前あたりから今の彼女である先輩と仲良くなり始めたかな。


夏休みでだいぶ仲良くなった気がする。


で、夏休みと学祭明けあたりから付き合い始めた。あんまり会えなかったけどね。


彼女は俺の事情知ってたから、受け入れてくれた。ちなみに彼女は謎の怖さがある他は普通人ですw


生徒会時代にその怖さからついたあだ名が「魔王」。


俺はたぶんそこかな。受け入れてくれたことと、何か「不思議さ」が欲しかった。


それからは少し破ったりもしたけどリストカット抑制を始めて。


3年になって、俺の引越しが濃厚になってきて。


親父が勉強に一層うるさくなったことと、部活となんやらが嫌になって、


被害妄想やどこか感覚のズレを感じてた。もう現実を認識するには耐えられなくなり、


この3ヶ月前くらいにrienという"架空の人格"を創造した。


そいつが成長して、俺はもう認識できなくなってきた。


そして持っていかれた。学校登校後脱走した。当然警察も動いたが、半日程度で見つかった。


誰も怒りはしなかったが、もう絶望した。


俺は信じてた。山には力があると。


だから、絶望した。


今もしている。ただ、生きるだけ。絶望しなおしたとき、rienを編み出せばいい。


今は感情まかせではなく、純粋な好奇心。


ただコレだけは言おう。今の人とつながりがある限り、俺は消えない。


過去の言葉で、俺は人にずいぶんと心配をかけたようだ。死へのカウントダウンと思われることもして、


担任に通報もされたらしい。


だから見られてもいいように、言っておく。


どんなに死を持ち出そうが、俺はそんなくだらないことで死にはしない。消えもしない。




 | HOME |