忍者ブログ

[PR]

2018年05月22日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近。

2009年08月19日
だるいです。

頭も痛いからトンフルかな←

読書感想文書き始めました。30分で本読んで。

それが精神科ERって本で、精神科の先生が見た症例と考えを書いたノンフィクションもの。


中にはリストカッターについて綴っていたのだが、リストカッターには死にたいって言うよりも消えたいって人が多いってことが書いてた。


なんかその通り。

思考上では死よりも消失。


でもどんなに存在を薄くすることが出来ても消えることは出来ないことを受け入れた。

その結論としては、薄くなった自分はどのような人に見えているか。

これを見ることにした。

正直、今の俺は生きる理由や動機はない。

また死ぬ理由もない。

作ればあるが、取って付けてはただ、耐えられなくて逃げただけになる。

逃げたと言われてもいいんだがね。

どうせなら、やっても無理だった、と言う実感が欲しいかな。

リスカを辞めたのも言ってしまえば彼女のため。

人に嫌われるのは怖いし辛いけど、そうすることで、薄くなりやすいんだ。

俺が知る極地は、自分で自分を認識、制御出来なくなり、思考分析や記憶の引き出しが出来なくなる部分。


これはrienによる状態とトラウマによる記憶の歪曲。

ここまでこれば、現実は自分だった。

たとえ警察を殺ろうが、自分が死のうがかまわない。

倫理や理性や思考は停止していた。

ただ、緊張で、精神的な死を探してた。

成功せず生きてるが。


二度もやる気はないがね。
ならば身をも犠牲に。



PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: