忍者ブログ

[PR]

2018年11月19日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今宵。

2009年08月18日
夜だね。

今はボーダー。rienとhiroの。

俺が死に興味が芽生えたのは小5のときかな。

クラスでのネタのノリについてけなくて、疎外された。

最も、被害妄想だろうが。

あとは、マンションの子。

年下で仲の良い子だったんだけど、色々と言われて。


後者は結局その子本人のせいではなかった。

身近な人が俺と同類だった。最も近い人、即ち。

そこから少しかな。だがそれは一年で封じられた。

次はリストカッターになって。

同時期に幼なじみが死んでんだ。

同じ死に、興味が沸いた。



だが俺が思う生死観についてだ。


生は現実だ。ただそれだけでしかない。

生き続ける理由は人それぞれだろうが、俺の経験上、倫理観と快感を求めるだけだ。


もう一方の死。

知らない世界だが、たぶん恐ろしくつまらないか、苦しいか、快楽か、何も感じない世界かな。

これは知らなすぎるから何とも言えん。倫理観上の悪と善の終わりだ。

俺は死ぬとしても、まだ延期してもいい理由なんだ。

忘れ去られて死ぬ。痛い願望だけどさ、傷つくって言う人がいるから、少しくらい減らしたほうがいいじゃん。


末期的なら知られた死でもいいけど。

まだいいんだ。生の中の快楽を知ってもみたい。

また死への畏怖も失せない。

死の巻属への畏怖は減ったが。


まだ間に合うだろう。

自分のために生きるから意味を失う。


錯覚すればいい。

快楽とは錯覚の極地だ。



PR
Comment
はじめまして……
はじめまして、こんにちは

読ませていただきました。
私も現在中3(女)で、自傷癖があります。
(弱虫なので浅くしか切れないんですけど)
rienさんのように私も自傷をやめられたらいいな、と思っています。

いきなり現れていろいろ言ってすみませんでした。
また来たいと思います。
No title
初めまして。

ちなみに俺は男ですね。
俺もうっすらとです。
一度深く切ったものの、所詮デザインカッターだったので
深い傷はないです。

一経験者として相談に乗ることは出来ると思います。
上から目線な嫌な奴ですが、何か辛いことなどあれば
気軽に声をかけてくださいね。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

« 最近。 | HOME | 少し。 »