忍者ブログ

[PR]

2017年09月27日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ああ。

2010年05月16日
ネーミングセンスがないのは毎度の事です。

眠れないので近い将来について考えてみる。





命の終わり。死。
それは未知。

ただ解るのは

動けない
考えられない


ようになるということ。


その後に何があるか、
古来から様々な議論をされている中、

自分もしてみたい。


まず人が死んだら精神はどうなるか。

私は全ては「無」であると考える。

これは私の経験上の「答え」というから編み出した結論だ。

答えについて定義しておくと、

答えとは大きく二種類に分けられる。

一つは数学のように、数や文字を並び替え、

式を解き、「自分で作り出す答え。」


もう一つは理科のような観察等によって「自然に生まれる答え。」



私は死とは無だと言った。

何故なら、

死は解けない。

天国だ地獄だ、と言うのは「自分で作り出した答え」に過ぎない。


それより、本物の死を「観察」してみよう。

そこには、「何も無い。」

また、「何も生まれない。」


故に死とは無である。


私はそう決めた。





PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL:

« 真理。 | HOME | はは。 »